切手買取コレクター

切手買取を専門企業に依頼した理由

亡き祖母が比較的若い年齢の頃から、切手を集めることが趣味だったため、遺品を整理している時に大量に珍しい切手が見つかりました。祖母が大切にしてきたものということで、最初は家族で一緒に暮らす自宅に保管していましたが、大量の切手が自宅の一室を使用していたため、最近、少しだけ整理することを決意しました。そのまま切手として使用する方法もありましたが、切手としてただ利用するより、切手買取を専門企業に依頼した方が、高値がつく可能性があったため、専門企業に切手買取を行ってもらうことができるかどうか問い合わせを行いました。基本企業側はどのような切手も買い取ってもらうことが可能ということで、すぐに査定依頼を行い母と一緒に専門店に訪れることを決意しました。祖母は昔から集めていたこともあり、高値がつく切手は数多く存在しましたが、値段が高いあまり良くない商品も存在したため、高値がつくものは買取をしてもらい、他の切手は自分たちで使用することにしました。